会社沿革

1946年 創業者 赤星 勝が千葉県銚子市にて船舶電気艤装工事及び機械部品販売を開業
1947年 株式会社 銚子電機工作所として法人組織に
1960年 日本住宅公団より市原臨海工業用地の分譲が許可される
     (工場用地1,600㎡社用地1,392㎡)
1962年 千葉工場建設 金属加工業として操業開始
1965年 赤星鉄工株式会社に社名を変更
1968年 隣接の工業用地買収し第2新工場を建設(3,400㎡)
1969年 超大型船用アルミ製レーダーマスト製作(三井造船向)
1971年 赤星 勝は会長に就任。社長に赤星 健二が就任
1971年 本社を銚子市から市原市に移転
1972年 アルミ製冷凍用フラットタンクを開発 製造開始
1972年 JIS Z 3811 アルミ溶接資格取得開始
1973年 企業内専修職業訓練校千葉県知事より認定を受ける
1973年 アルミ製足場板(アルステージ)を開発
1973年 第3新工場(非金属専用)建設
1974年 隔膜電解槽製造開始
1974年 資本金を1,200万円に増資
1975年 アルミ製大型サイロ製造開始
1975年 科学技術長官賞2名
1976年 保税工場 第1種圧力容器製造工場の許可を受ける
1976年 LNG地上式タンク屋根骨製作(日本海向)
1977年 アルミ電解炉カバー製作輸出ベネズエラ(ベナルム・アルサカ向)
1977年 東京中小企業投資育成㈱転換社債受け
1977年 資本金を2,400万円に増資
1978年 電流遮断器ケース製造開始(東芝向)
1978年 科学技術長官賞2名 資本金を3,600万円に増資
1980年 軽金属溶接構造物製造工場M級に認定
1980年 全日本溶接技能コンクール入賞
1981年 一般建設業の許可を受ける
1981年 東京中小企業投資育成㈱株式引受 資本金を5,000万円に増資
1982年 赤星工業株式会社に社名を変更
1983年 イオン交換膜電解槽製造開始
1984年 非鉄加工専用工場増設
1985年 ジルコニウム製機器製作
1986年 MRI用真空容器製造開始
1987年 モニュメント製作開始
1987年 橋梁用アルミ点検台車製造
1988年 2月5日 会長 赤星勝逝去
1988年 12月 本社・工場を現在地に移転  1988年 設計にCADを導入
1989年 新本社・工場において本格操業を開始 
1989年 ソーラーカー用のアルミフレーム製作
1990年 溶接用ロボット導入
1990年 タンタル製機器製作
1991年 SPBタンク製作(〜1992年・IHI向)
1991年 NC付ベンティングロール導入
1992年 護衛艦アルミ艤装品製作(IHI向)
1992年 重力波測定用真空装置製作(国立天文台向)
1993年 大型アルミ製LNG気化器製筰(西部ガス向)
1993年 超高性能磁気シールドビーム製作(超伝導センター研向)
1994年 反物質検査用容器製作(高エネ研向)
1994年 リニア利用搬送装置製造開始(日本シューター向)
1995年 LNG用ポンプケーシング製作(日立土浦向)
1996年 世界最長管路気中送電線製造(古河電工向)
1997年 イオン交換膜法電解槽(Bi型)の製造を開始する
1998年 長柄工場を開設
1998年 ISO9001認証を取得
1999年 関東経産局『創造技術研究開発補助金』を受ける
2000年 Fuller社(米国)からサイロブレンダーのライセンスを導入
2001年 出光石化及び三井化学から連続してサイロブレンダーの大型受注
2002年 ニッケル超微粉製造用ニッケル製反応管受注増加へ
2003年 電解銅箔製造設備用機器を開発し製造販売を開始
2003年 食塩電解槽の受注増加へ
2004年 過酸化水素製造用設備用アルミ製反応塔製作
2004年 千葉県知事賞(日刊工業新聞)受賞
2005年 ウォータージェット切断機導入
2005年 金沢駅前「もてなしドーム」AI製トラス
2005年 大屋根用アルミ部材の製作
2006年 シリコンウエハー製造設備用チタン製機器類の製作
2007年 経産省『戦略的基盤技術高度化支援事業』にプラズマ溶接技術の開発が採択される
2007年 茂原工場の建設用地取得
2008年 茂原工場を建設
2008年 2008「元気なモノ作り中小企業300社」感謝状受理
2008年 「現代の名工」卓越技能賞1名
2009年 千葉元気印企業大賞受賞
2010年 「黄綬褒章」1名「千葉県の名工」1名
2010年10Mpaの超高圧容器制作 古河(昭和炭酸向け)
2011年 非鉄金属特化千葉進出50年記念植樹:茂原工場に「しだれ桜」
2011年 大震災 コスモ石油タンク爆発 本社工場被災 茂原工場
2011年 千葉県の“経営革新”計画で「最優秀企業賞」受賞
2012年 FLSmidth社(デンマーク国)からサイロブレンダーライセンス取得
2013年 プラズマ溶接実用化元年
2013年 グッドカンパニー大賞優秀企業賞受賞
2013年 大型製品・重量物の受注増加(納品海上輸送)
2014年 茂原工場事業転換 富津新工場計画スタート
2015年 茂原工場閉鎖
2015年 富津新工場竣工、操業開始
2016年 ISO9001認証を「発電用原子力設備に関する製品の設計製造及びサービス」にて取得
2016年 長柄工場閉鎖、本社工場と富津工場の2拠点体制
2016年 赤星健二は会長に就任 執行役社長に伊藤広一が就任
2017年 核融合実験設備の断熱シールド製作開始
2017年 赤星健二旭日単光章受章